オハヨー乳業 公式note

こんにちは。オハヨー乳業の公式noteです。 このnoteでは、私たちのものづくりに対する思いや、商品の開発秘話、素材へのこだわりなどをご紹介して行く予定です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

オハヨー乳業 公式note

こんにちは。オハヨー乳業の公式noteです。 このnoteでは、私たちのものづくりに対する思いや、商品の開発秘話、素材へのこだわりなどをご紹介して行く予定です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

    最近の記事

    夏休みのおうち時間に。ジャージー牛乳プリンのアレンジレシピ

    こんにちは、オハヨー乳業です。 8月に入り、夏休みでお子さんのおうち時間が増えた、という方も多いのではないでしょうか? 例年であれば、海やキャンプに出掛けたり、国内外に旅行に出かけたり…と楽しい予定が盛りだくさんになる夏休みですが、今年も大勢でワイワイ遊ぶのは難しそうですね😓 そこで、今年の夏休みは、身近なプリンを使ってアレンジレシピに挑戦するのはどうでしょうか? どれも簡単な材料で手軽につくれるレシピなので、小さなお子さんと一緒に取り組んでも楽しいですよ。もちろん、大人の

    スキ
    16
      • 「焼プリン」誕生秘話 ~構想から発売まで、13年の物語~

        オハヨー乳業の「焼プリン」は、2021年4月で発売から29年を迎えました。焼プリンは今でこそ身近なデザートになりましたが、卵をふんだんに使用した本格的なおいしさや、食欲をそそる香ばしい焦げ目など、発売当時は実現が難しいとされてきた難題が数多くありました。 四半世紀以上も愛され続ける商品の開発の裏には、いったい何があったのか。構想から市場投入まで足掛け13年、焼プリンに懸けたオハヨー社員の物語をご紹介します。 「賞味期限」の壁 「こんな資料が奇跡的に残っていたんですよ」——

        スキ
        19
        • 目指したのは、ミルクのやさしい風味をいかした新しいデザート 「ジャージー牛乳プリン」誕生秘話 vol.1

          オハヨー乳業のジャージー牛乳プリンは、1999年発売のロングセラー商品です。すでに20年以上の歴史がある看板商品のひとつですが、その道のりは平坦ではありませんでした。 鍵になるのは、おいしいデザートをつくるため諦めない粘り強さと工夫の積み重ね。それが今のヒットにつながっています。 今回は、ジャージー牛乳プリンの生みの親ともいえる、オハヨー乳業の古川顧問とデザート開発課の戸田さんのおふたりに、開発当時のお話をお聞きしました。 (左)オハヨー乳業株式会社 顧問 古川廣志 (

          スキ
          17
          • 新商品|Ricco濃厚生チョコ(モナカ)、ぜいたく果実はっさく&ヨーグルト

            こんにちは。オハヨー乳業です。 今回は、本日から全国で発売になった新商品を2つ、ご紹介します。 どちらも数量限定・期間限定の商品です。よかったら早めに探してみてくださいね。 ■Ricco 濃厚生チョコ(モナカ) 秋冬時期にぴったりの、濃厚な味わいのアイスモナカです。 最初のひとくちから最後まで、思う存分「チョコ×アイス」を楽しんでいただきたいと考えて開発しました。 ベルギー産のクーベルチュールを使用したくちどけの良い生チョコをダイスカットし、なめらかな味わいのチョコアイ

            スキ
            28
            • 人とのつながりに見つけた「愛」-三村朱里さんインタビュー

              10月2日から全国でオンエアされる「ジャージー牛乳プリン」のテレビCM。主演は、モデルや女優として活躍中の三村朱里(みむらあかり)さんです。 ジャージー牛乳プリン初のテレビCMはどのように制作されたのか? 普段と違う撮影現場の様子やwithコロナの生活の中で三村さんが見つけた思いなど、たくさんのお話を伺いました。 ■ジャージー牛乳プリン初!のTVCM―― 撮影、お疲れさまでした。 三村さんのプリンを食べるときの笑顔や表情がとてもおいしそうで、そばで見ていた私たちも充実した

              スキ
              27
              • オハヨー乳業、公式noteはじめます。

                こんにちは。オハヨー乳業です。 本日より、公式note をはじめます。 私たちは岡山出身の食品メーカーです。 デザート、ヨーグルト、アイス、コーヒー、そして牛乳などを手掛けています。創業以来、「おいしいものづくり」にこだわり続けて、もうすぐ70年を迎える会社です。 一方で、 「おいしいものをちゃんとつくれば、お客さまはわかってくれる」 と考えて、自分たちから積極的な発信はしてきませんでした。 そんな会社が、今は変わりつつあります。 2017年には会社のロゴマークを変更。

                スキ
                135